公立小中学校の教諭だった自分が、
塾講師になった理由。

これまでの道のり これまでの道のり

これまでの道のり

私は、以前は公立小中学校の教師として働いていました。
もともと授業現場で、生徒たちと向き合い、彼らの成長を手助けしたいという思いを持っていたのですが、管理職の立場になり、授業現場ではなく、学校運営の仕事が増えてしまったのです。
「教師として、子どもたちの成長を手助けしていきたい。」
中学校教師としての日々を過ごす中で、理想と現実のギャップが日に日に大きくなり、公務員としての教師を辞める決断をしました。

入社した理由/人生のターニングポイント 入社した理由/人生のターニングポイント

入社した理由/人生のターニングポイント

実は、教師を退職した後に、学習塾の会社を経営していた時期がありました。
いざ、塾を経営してみると、子どもたちと向き合うことよりも、経営者としての役割を果たすことに必死でした。
公立小中学校の教師を辞めてまでの挑戦ではありましたが、自分の思うような教育はなかなか形にできませんでした。
自分が理想とする形で、子どもたちの成長を手助けができる方法はないか、そう考えていたとき、聖陵学院の代表である矢嶋のこんな言葉をHPで見たのです。
「たとえ今の自分を取り巻く状況が悪くても、強く望んで諦めなければ未来は必ず変えられる!人はなりたい自分になれる!」
これこそ私が子どもたちに伝えていきたいことでした。
そして、何よりこの言葉は、わたし自身をもう一度奮い立たせ、背中を強く押してくれた一言でした。

ここで働く理由 ここで働く理由

ここで働く理由

自分の一言で生き方が変わってしまったり、気に留めてなかった一言が、生徒にとって大事な言葉になる。
実はあの人の、あの言葉を聞いて、僕の人生のめざすべきところが決まった。そういった経験は誰にでもあると思います。
私たちも教師やまわりの大人に教えてきてもらった結果、今がある。
そういった気づきを与えられる人になりたい思います。
生徒たちとしっかりと向き合い、信頼関係を築きながら、これからも現場に立つ「講師」として、彼らの成長を見守っていきたいですね。

エントリーする