大手個大手個別指導塾から聖陵学院に
転職した理由。

これまでの道のり これまでの道のり

これまでの道のり

どんな会社でも規模の大小があるように、学習塾にもそれがあります。
大きな会社では、マネジメント、営業、生産といった部署がシステマチックに回り、個人が持つ仕事に対する裁量はごく限られた範囲になります。
学習塾も大手になると、生徒や講師を集めるのに困ることはなく、大企業と同じように「自分の役割に徹する」ことが求められます。
私は自分の成長に対して貪欲でした。
自分の実力に関係なく「何もしないでも回る」日常に、自分を成長させてくれるキッカケがあるとは思えなかったのです。

入社した理由/人生のターニングポイント 入社した理由/人生のターニングポイント

入社した理由/人生のターニングポイント

塾の先生としてどれだけ成長できるか。
やりたいことに目を背け、ただただ教室を上手く運営することよりも、成長実感を得られる日々をいかに送るか。
大切にしたかったのはその部分でした。
聖陵学院にはそれを実現できる環境がありました。
ここには塾講師としてのキャリアップだけでなく、個々人の実力アップのための研修が充実しており、また生徒としっかり向き合える環境があります。
それに、私のこうした考えを理解してもらえる学院長の支えもあります。
講師のレベルアップについて、ここまで考えている塾は多くありません。
だから、まだまだやれる、もっともっとやれる。そう感じながら、充実した毎日を送っています。

ここで働く理由 ここで働く理由

ここで働く理由

塾講師として一番のモチベーションは、子どもたちの成長です。
絶対に無理だというところから、逆転合格していく生徒が毎年います。自分の壁を打ち破って成長していく姿には、毎回感動させられます。
卒塾した生徒が、大学受験に合格し、わざわざ自分の誕生日にお礼を言いに来てくれたこともありました。別の生徒が、就職の報告や出産の報告をしに来てくれたこともありました。
塾を離れた後も、卒塾した生徒たちの話しを聞くことができる、成長した姿をみることができる。これは何よりうれしいですし、モチベーションとなっています。

エントリーする