会社紹介

会社概要

社 名 株式会社エスペランサ
所在地 〒503-0017 
岐阜県大垣市中川町1-63 中村第12ビル2F
代表者名 代表取締役 矢嶋 克也
従業員数 16名
事業内容

◆小・中学生の学習指導及び公立高校受験を中心とする学習指導、教室の運営。
子ども達の本気を引き出す 聖陵学院
聖陵学院は、岐阜県西濃地区を中心に全6校を展開。
「子どもたちから、地域から、そして親御さんから信頼される塾」を追求し、子どもたち一人ひとりの可能性と夢の実現を願って、 先生も子どもたちと一緒に成長していく塾を目指しています。

  • 小学生、中学生対象の学習教育サービス業
  • 中学、高校受験学習指導、補習学習指導
  • 英会話教室 アン・イングリッシュクラブ運営

学院長挨拶

一人ひとりの可能性を限界まで追求する。

聖陵学院の目指すもの

私は聖陵をはじめて2年目、何が点数や進学先を決めているんだろうと考え、知能検査を全塾生にしました。もともと持っている頭のよさがどれくらい進学先と関係しているのかを確認し、もし知能指数が進学先に大きく関係しているならば、塾のカリキュラムもそれに応じたものにしなければならないと考えたからです。検査をする前、私は知能と進学先は100%関係してはないにせよ、ある程度は決まっているだろうという予想をしていました。結果は、ほとんど関係なしというものでした。

では、何が子ども達の未来を決めていくのでしょうか?私は子ども達をじっくりと観察することから始め、ある2つのものが「勉強ができる」、「できない」を大きく分けていると気付きました。それは『くせと考え方』です。これらは、勉強とは関係ないところでついていくものです。忘れ物をしないとか、人の話をきちんと聞けるかとか、そういう「きちんとする習慣」。もうひとつは、できる、やれると思えるかどうか?。これが進学先にとても影響しているのです。この2つが子ども達の未来を決めている。私はそう思いました。

聖陵学院 代表取締役 学院長 矢嶋克也

くせと考え方は生まれてから身に付いたものです。もし生まれたあと身についたものが子ども達の運命を左右しているのなら、運命を変えることは可能なのではないか?塾の果たすべき役割はここにあるのではないか?そう考え、私たちは様々な改革を行ってまいりました。その1つに9年前から力を入れている『学習する空間づくり』があります。

『学習する空間づくり』は、たとえ中間レベルの学力からでも、本人が望み私たちとともに力を合わせ努力するならば、トップ校に合格できる。これを可能にする授業、指導方法のことです。

『学習する空間づくり』により、子どものモチベーションアップをはかり、ほめて伸ばします。その延長で、本人が望み私たちとともに力を合わせ努力するならば、たとえ中間レベルの学力からでもトップ校に合格できるのです。そしてその経験は、その子の未来を変えます。

私は講師たちに多くの研修を課し、全ての授業でこの『学習する空間づくり』が完成しました。聖陵の授業で「わかる」感動を体験してもらい、成功体験を積み重ねて子ども達の中に眠っている、おさえこまれている力を呼び覚まします。家庭学習においては宿題管理をきちんと行い、成功するための習慣を身につけさせて「できる」喜びを実感させます。そして最終的には『子ども達の本気を引き出し、普通の学力の子どもをトップレベルに押し上げる』これが可能になるのです。 この、学習する空間に身を置くことによって、一人でも多くの子ども達が素晴らしい未来を手に入れることを願っています。

聖陵学院 代表取締役 学院長
矢嶋 克也