子ども達の本気を引き出し普通の学力の子どもをトップレベルに押し上げる

聖陵学院では、圧倒的な成績アップによる志望校合格を目標に掲げて、ここ数年教務改革に取り組んできました。「普通の学力の子どもをトップレベルに押し上げる」。それを実現させるには、子供たちが、「自分はできるかもしれない。」「努力したら報われる」と自分の力を本気で信じ、自分の未来の可能性に本気で夢描くことが必要です。そして子供たちが本気になるためには、まず彼らを指導する大人たち、私たちが本気で彼らと向き合わなければならないと私たちは考えています。本気の授業、本気の声掛け、本気の自習対応をする。本気で取り組む大人の姿を見てはじめて、子供たちは本気になってやってみよう、勉強してみようと考えるのです。

下のグラフは、実力テストが何点上がってどこの高校に合格したかが分かるグラフになっています。そこには信じられないほど点数を上げて、最初は「合格できるはずがない。」と周囲の人から可能性を否定され、学校の先生からも「合格の可能性はないので」受験校を変えるように言われた子供たちが、努力の末に勝利を勝ち取っていったドラマがありました。一人一人のドラマをここでご紹介することは出来ませんが、本気で立ち向かって戦い勝利していった子供たちの姿と、それを教え導いていくことが出来た聖陵の各講師の姿を、このグラフを通してぜひお伝えしたいと思います。

私達は、高校受験という人生最初の大きな壁を自分の力で乗り越えることができたなら、その成功体験は、必ずや次の試練に立ち向かう力=「生きる力」になると信じています。そして、その経験はその子の人生をより良いものへと変えてゆくと信じています。高校受験の後も続く長い長い人生を生きるために、そしてその人生をよりよく生き抜いていくために、この試練を通して子供たちが大きく成長していってほしいと私たちは願います。勉強も大事です。志望校に合格する事も大事です。そしてそれを通じて、「生きる力」を身につけ、自分の人生を自分の足で歩んでいけるようになってもらうことも私たちは大事にしています。そのための聖陵学院での学習なのです。

大垣北高志望者の成績アップデータ

聖陵学院でははじめの実力テストがどんな点数であるかということよりも、本当に行きたい高校はどこなのか、それを本当に強く思っているのかどうかということが大切だと考えています。310点という点数は、大垣北高に行くためには100点以上足りません。それでも本当に大垣北高に行きたいと願うのであれば、子供達と力を合わせて合格できるように指導していきます。そして最後には合格させていくのです。聖陵学院には、普通の成績の子がトップレベルの高校に合格出来るまでに成長させられる力があるのです。

大垣東高志望者の成績アップデータ

聖陵から東高に合格した全生徒の、中3・6月実力テストの平均点は333点。西高の合格圏内にいた生徒たちです。少し点数が下がってしまえば、西高合格さえ危ういラインですが、ここから9か月後には東高に合格させる力が聖陵にはあるのです。このうち、最も成績の伸びが大きかったのは、中3・実力テスト301点(大垣桜合格ライン)から、100点以上の伸びで東高に合格した生徒です。これもまた、すさまじい合格実績です。100点を伸ばすノウハウが本学にはある、ということです。 いずれの実績も、本人が望み、私達とともに力を合わせ努力した成果であり、本学が誇る『学習する空間づくり』が有効に機能している証でもあります。今年度の受験結果では、さらなる合格実績を残すことができると確信しております。

大垣南志望者の成績アップデータ

聖陵から南高に合格した全生徒の、中3・6月実力テストの平均点は291点でした。実力テスト291点というのは、西高合格も難しく、大垣桜の合格ラインです。ここから、9か月後には南高に合格させる……すさまじい成績の伸び、これが聖陵の力です。このうち、最も成績の伸びが大きかったのは、中3・6月実力テスト251点(池田高合格ライン)から南高に合格を果たした生徒です。120点以上点数を伸ばしたわけです。まさに「不可能」を「可能」にした体験といえるでしょう。

大垣西高志望者の成績アップデータ

実力テストで200点という数字は、公立高校進学は難しいと一般には考えるレベルです。ましてや普通科を志望するなど、そこまでの高い意識を持つことも難しく感じさせてしまう点数です。しかし、「絶対に行きたい!」という気持ちがあるならば、どんな状況でもあってもそれを打ち破り、大きく点数アップさせることは可能です。諦めずに最後まで粘り強く頑張るよう、気持ちを引き上げ励ますことで、学力を大きく上げていきます。

商業志望者の成績アップデータ

210点・220点から大きく点数を上げるためには、子どもたちが熱くそれを願うとともに指導する講師が、何をどれくらいすればいいのかを的確にアドバイスする力が必要です。手当たり次第に問題にあたらせても努力の割には点数が思ったほど伸びず、「努力しても無駄」とモチベーションを下げてしまう事もあるからです。100点以上点数をアップさせ、大垣商業のように倍率の厳しい高校に合格させるためには、努力すれば報われることを実感させていく必要があるのです。聖陵学院の講師は、子どもたちのモチベーションを引き上げるとともに、効率よく勉強させることで大きく学力を上げさせていきます。

工業志望者の成績アップデータ

160点台、170点台では、公立高校への進学は難しいと学校からは指導が入ることが多くあります。子どもたちも夢を描くことが出来ず苦しい思いをしたりします。そんな子どもたちとタッグを組み、130点・140点もの点数アップを果たしていきます。子どもたちが、「自分は出来る」「信じて取り組めば、絶対に大丈夫」と自分に自信を持つことが出来るように、聖陵学院では指導していきます。

海津明誠高志望者の成績アップデータ

点数が100点台や200点台にとどまる生徒さんは、そもそも勉強の仕方を知らないまま受験生になってしまった生徒さんだったりします。公立高校入試では、中学校の3年間で勉強した事柄が出題されますが、1年生から正しい勉強方法を知らずに来てしまえば、受験生になったときに大きな苦労を抱えることになります。私たちは正しい勉強方法を指導するとともに、それがきちんと定着するまでしっかり指導を続け、テストなどで出来具合を図り、点数が上がるようになるまでほめたり励ましたりして、成果を出していくようにします。正しい勉強方法を実践し、高いモチベーションでそれを続けていく。そうすれば100点アップも夢ではありません。受験生で100点台・200点台だから無理、とあきらめることなく一緒に頑張っていきませんか。