• 学習する空間づくりなら『生徒の本気を引き出す。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『積極性が身につく。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『授業に集中できる。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『先生が本気で熱く授業をする。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『「わかる」が実感できる。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『家で勉強しようという気持ちになる。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『成績が上がるという実感が湧く。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『子どもと先生の間に徹底した規律がある。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『自ら考え、行動する力が身につく。』だから成績が上がる。
  • 学習する空間づくりなら『先生と生徒の信頼関係が生まれる。』だから成績が上がる。

『学習する空間づくり』は首都圏において
難関高校入試合格実績No.1の進学塾
「早稲田アカデミー」によって確立された授業法です。
聖陵学院では、「早稲田アカデミー教師力養成塾」の指導により、
全ての校舎で『学習する空間づくり』が実践できています。
岐阜で『学習する空間づくり』が体感できるのは聖陵学院だけです。
1分14秒  本気のエンジン
1分28秒  生徒への熱き想い
1分30秒  保護者と共に
1分30秒  学習する空間づくり
「学習する空間づくり」なら、なぜ、子ども達の本気を引き出せるのか?
  • 理由その1「学習する空間づくり」が、なぜ必要なのか?

    わかりやすい授業、効率の良いカリキュラム、わかりやすい教材、テストの予想問題。これらで成績の向上をアピールするケースがよくあります。

    もちろん全てが無関係ではありませんが、実はこれらだけで成績が上がるわけではないのです。では、成績を上げるために外せないものとは、なんでしょうか?それは、子ども達をやる気にさせる学習環境です。まずは、「学習する空間」をきっちりとつく り上げること。その中で、子ども達の本気を引き出し、「自分でやる子」に育てること。「学習する空間づくり」には、普通の学力の子どもをトップ校に合格さ せる―不可能を可能にする―力があります。

  • 理由その2「うまくなりたい」という気持ちがなければ、人は成長しない。

    視野を少し広げてみれば、スポーツや文化活動、もっと言えばゲームなどと同様に、「やってみたい、上手くなりたい、強くなりたい、あの人のようになりたい」という気持ちがあって初めて成果につながるのです。実は勉強に関しても全く同様なのです。

    一見当たり前ですが、この気持ちこそが、成績向上に、はずせないものなのです。

    ただ、スポーツや文化活動やゲームとは異なり、勉強をしたくてしている子どもは、まずいません。であるなら、勉強面で成績を伸ばす我々講師の最も大きな任務は、授業を通じて子どもの「うまくなりたい、強くなりたい、あの人のようになりたい」という気持ち=「やる気」を引き出すことなのです。

  • 理由その3「学習する空間づくり」なら、なぜ生徒のやる気を引き出す授業になるのか?

    では、どうすればよいのでしょうか?

    生徒が授業に興味を持ち、目を輝かせて話を聞く。だからこそ内容が浸透して力がつく。するとその授業とその科目が好きになる・・・。という好循環をつくること、これが子どもたちのやる気を引き出すということなのです。そして、これが成績を大きく伸ばすということなのです。そしてこれこそが、講師の仕事なのです。

    このような教室の雰囲気づくりこそが『学習する空間づくり』であり、それがつくれる講師でなければ、成績は上げられないのです。そして、それがつくられるかどうかは、講師の想いや立ち振る舞いに起因するのです。

    だから、先生に対して、子ども達の本気を引き出すプロフェッショナルと呼ぶにふさわしい立ち振る舞いを徹底して訓練する特別な研修が必要なのです。

  • 理由その4聖陵学院の講師は「学習する空間づくり」ができます。

    全国各地の教育委員会や学校でも高い評価を浴びている「学習する空間づくり」。聖陵学院は、西濃地区で唯一「学習する空間づくり」を具現化しています。

    日本の将来を担う子どもたちのために、聖陵学院は日々、子供達への熱い想いを忘れません。子ども達の未来のため、保護者様のご要望にお応えするため、聖陵学院は、プロフェッショナルと呼ぶにふさわしい最高の指導技術を習得した講師の養成を続けてまいります。そして、授業品質の徹底した向上のために、今後も徹底した講師訓練を続けてまいります。

  • 資料請求、体験学習、入塾のお申し込みはこちらから。